Home > 遊's Bar > 鳥さん話ナシの、運動生活。

鳥さん話ナシの、運動生活。

この記事に仁之介は登場しません。仁之介の出番は夜となっております。ご了承下さい。

前の記事で、仁之介が生後四ヶ月と書いたのですが、家にお迎えして家族になってからは、もうすぐ三ヶ月。今日は視点を変えて、この三ヶ月、人間はどう変化したか考えてみたのですが、「生活の中心にはいつも仁之介が居るようになった」、というのは当たり前すぎるので置いといて…

私…仁之介をお迎えしてから殆ど運動をサボっている!!

という事にやっと今日気付きました。どうりでね、起き抜けの体重計の数字が変わっていくワケだよ。ウフッ♪

私は体を動かす事が好きで、仕事を始めてからもジムに通ったり、仕事時間が不規則になってからは、家で出来るエクササイズなどをしていました。サボり気味の最近は、ビリー隊長の腹筋プログラムだけ週に3日ほどやって、後はコアリズムで腰をフリフリがお気に入り。ですが、冬はどうしても運動から遠ざかってしまいます。

と言うのも、まだ20代前半の頃に事故をして、足首にヒビが入る怪我をしたのですが、当時仕事が楽しくなり始めていた私は、顔の擦り傷が治った途端に復帰したんです。しかも毎日無理してヒールを履いて…その時は、すぐ治るさー、的な何とも若い発想で遣り過ごしていたのです。が! それから数年経ち、体はちゃんと応えてくれました。寒くなると疼くまではいかないのですが、違和感があるんです、怪我をした足首に! これが始まると一気に運動日数が減っていきます。

そこで興味を持ち始めたのがヨガなのですが…通うにしても仕事時間が不規則すぎて現在まで叶わず。今はDVDも出ているみたいですが、どれを選んだらいいのか分からないし、やはりちゃんと習った方がいいだろうと思うヨガ。

実際やった事がないので想像になってしまいますが、ヨガは呼吸を意識してやるんだと思うんですよ。私は運動前のストレッチを、ジムで覚えた呼吸法でやっていくのですが、あれって頭の中が無になって、だんだんリラックスしてきて、ホントに不思議。普段何気なく呼吸して生活していますが、意識すると生を感じると言うか…上手く言えません。激しい運動だけじゃなく、ゆっくりとじんわりと自分の体と対話する事も必要だなーと思うんです。そして足首が不調の時は、ヨガなら負担の掛からない動きとか絶対ある! と想像しているんですよ。違ったらごめんなさい。(笑)

私にとって運動は、頭も体もストレスも、いろんな事をリセットして、スッキリさせてくれる大切な時間なので、足首くらいであのスッキリ感を失いたくない。あともう一つ、ヨガを覚えたい理由は、年を取っても出来るから、でしょうか。寿命は必ず来るものですが、やっぱりいつまでも心も体も元気でありたいものです。

最近、幸せの蒼い小鳥のマメやっこさんがヨガについて書かれているので、ウチでも便乗してちょっと書いてみました。長くなりましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました。さて、暖かくなってきたし、ちゃんと運動しよう!

夜には、仁之介と一緒にドイツの香りをお届けしたいと思いまーす。

Comments:5

マメやっこ 09-04-30 (Thu)

こんにちはー
じっくり読ませていただきました^^
kuroさんが20代前半の頃に事故をして・・・
その後、何年経っているかは・・・想像するとして(笑)
後になって違和感が出てくることありますよね。

ストレッチとヨガの違い。
ストレッチは動きに呼吸を合わせる。
ヨガは呼吸が主体で、それに動きをのせることだと思います。
呼吸を主にすることは、簡単そうに思えて難しいものです。

呼吸を意識しようとすると、次第にゆっくりになり、深くなると感じませんか?
最近は腹式呼吸が苦手な方が多いんですけど、感じようとするだけで
呼吸は深まってくるものです。
逆にいえば、すぐに「できないといけない!」と思う必要はなくて、そのうちできるさ!
と気持ちを楽に考えればいいのですが、何に関してもみんな急ごうとするので
すぐに「できる」とか「できない」の二つを選択しようとするのです。
そういう思考のクセは体にも出るといわれているので
できないと思う=ストレス=体の緊張・・・ということです。
簡単に書きすぎましたけど(笑)

ゆっくり吐く。吐くという行為は副交感神経を優位にしてくれます。
吐いた分だけしっかり吸おうとすることで、肺の下部にまで新鮮な酸素(ヨガではプラーナといいます)が行き渡ります。
心地良いだけ吸って、また吐いていく・・・。これを数分続けるだけでも
心の働きは穏やかになり、思考はゆるやかになり、心地良さを味わうことができます。

あまり落ち込んでいる時にゆったりとした呼吸をしすぎると
ますます落ち込んでしまうこともありますが
日常、私達はたいていの場合、時間に追われ慌しく生活しています。
それと反対のことをするとなると、癖がついていてなかなかできないんです。

あ・・・なんか話しが呼吸のことにばかりなってきました。ごめんなさい。
ヨガは何歳からでも始められますし、長く続けることができます。
アーサナ(ポーズ)を完成させるのが目的ではなく、そのポーズに行き着くまでの過程で、自分がどれだけ深く感じられるかってところが
万人にできるところだと思います。

なのに、気の早い人達は「硬いから無理」と決めてしまいます(笑)
硬いって何が基準?無理って、何が無理なの?
体が硬いなんて全く関係がない!声を大にして言いたい!
どうポーズをとるか?ではなく、そのポーズをどう感じるか!です。
腰や膝が痛いなら、負担にかからないように自分でやればいいので
アシュタンガやヴィンヤサは激しいですが
ベーシックなハタヨガなら、気になる部分をフォローしながら
やっていくことはできます。

kuroさんは不規則なのでなかなか通うことができないと・・・。
最初は誰かにインストラクションを出してもらってやる方がいいと思います。
でも、呼吸を感じるプラクティスは自宅でもできます。

寝る前に楽な座位になって、胸の前で合掌しましょう。
一息ゆっくり吐いて、吸い始めたらその合掌した手を頭の上まで持っていきましょう。両腕が伸びるところまで上げます。
両脇腹が心地良く伸ばされている状態です。

肩が痛ければ、キンキンに上げる必要はありません。
肘の関節もカキン!と伸ばしきらないように。
体が気持ちいい!と言ってくれるところで止まります。
3呼吸してから、吐きながら胸の前まで降ろしてきましょう。

注:呼吸が吐ききれた時に胸の前に合掌の手が戻ってくるよう
  動きをコントロールしてみてください^^
  
これを5セットほどやってからお休みになっては、いかがでしょう。

ヨガを始めるきっかけは人それぞれで、何でもいいと思うんです。
運動不足解消やリラックス、気分転換。
でも、続けていくと体とともに、心に暖かいものがジワーッとしみ込んできます。
これを知ったら、もうやめられませんよ^^

長く長く・・・長ーくなってしまって、申し訳ないです。
メールにすれば、よかったでしょうか。
良ければ、図解でブログにアップしますがっ・・・。

マメやっこ 09-04-30 (Thu)

げげっ!ごめんなさい。
kuroさんの本文より長くなってしまいました。。。
いや、ほんと、申し訳ないです。

pico 09-05-01 (Fri)

今、マメやっこさんのコメ読みながら自分の呼吸の浅さにハッとなりました。
ちょっと深く呼吸してみると全身に血液がまわっていくようで気持ちいいですね。

若いときにしたムリって結局今に出てきますよね。
うちは若いときに腰を患って、たまに痛くなるときがあります。
ぎっくりだけはしないように、しゃがむしせいに気をつけたりしてますが。。。

ヨガ、、、去年の今頃にホットヨガに通ってました。
普段新陳代謝が良くなくあまり汗をかかないので、ガンガンに出るのは気持ちよかったんですが、すごく疲れます^^;

今の教室は、時間に不規則な人でも対応できるようなところ多いですよ。
うちの行ってたヨガ教室は、どの時間のどのクラスに行ってもよくって、
曜日によって時間が決まってました。
例えば、初心者クラスは、火:昼、水:朝、金:夜、土:朝夜、みたいになってて、どの日にいってもいいので便利でした。

教室も清潔でキレイでいいとこでした。今は行ってませんが。。。

Kuro 09-05-01 (Fri)

マメやっこさん、いらっしゃいませ。

思うままに書いてからダイブ削ったんですが…長い文を読ませてしまいすみませんでした。
私、今だって20代前半ですよ? 心が。ウッフーン♪
…大変申し訳ございませんでした。(お辞儀)
そうなんですよ、この足首だけは、今更ですがちゃんと治しておけば良かったと後悔しています。

言われてみれば、ストレッチは腕を上げながら息を吸ってー、みたいに体を動かしながら呼吸を後付けしていますね。
呼吸が主で、動きを乗せていく…んー、今やったらどうしてもストレッチ呼吸になってしまいました^^;
やってみると難しさが分かります。

普段している呼吸は無意識ですが、意識するとマメやっこさんの言う通り、勝手にゆっくりになっていくし、目を閉じたくなるような深さを感じます。
私も最初は腹式呼吸なんて全く出来なかったし、今でも、気付くと普通の呼吸に戻ってた、なんて事が多々あります。
そこで「しまった!」 と思えば何となく焦ってくるし、そう思う所為で動きもぎこちなくなってきて苛立ってくるし…心も体も気持ち良くなりたくて運動しているのに、それでは意味がなくなってしまいますね。
まずは楽しんでやってみよう! と思うのが一番大事なんだと思いました。

それこそ20代前半のまだ子供みたいな頃は、イライラしたらその感情のまま、腹が立ったら立ったまま行動していました。
でも、そういう時こそ目を閉じて呼吸したら、気持ちがゆったりしてきて落ち着くものなんだと、私自身、最近になって分かってきました。
忙しさに追われて焦っている時でも、数回でいいから意識して呼吸したら、案外すぐに仕事も片付くものなんですよね^^
感情のままに動いていた頃の私は、マメやっこさんの言う、「癖」がついていたんでしょうね。

いろいろ考えてみても、おばぁちゃんになってからでも始められるスポーツってほぼ無いに等しいですよね。
いつまでも体は動かしたいし、やっぱりヨガって魅力的です。
ポーズを深く感じるというのも、すごく興味深いですね。
体が硬いからと諦めている方達って、雑誌やテレビに、もの凄いポーズで出てくる人を見たから、というのもあるみたいなんですよ。
現に、産後にヨガをやってみたいと言っていた友人が雑誌を見て、「こりゃムリだわー」ってすぐに諦めてました^^;
やってみなきゃ分からないよと言ったのですが、初めての事や物って、人間は頭で一度イメージしますもんね。
マメやっこさんのコメント、最近二人目を産んだその友人に教えておきます。

アシュタンガ、ヴィンヤサ、ハタヨガ、プラクティス…全て初めて聞く言葉ですが、ヨガにも種類があるって事でしょうか?
足首の調子が悪くなる時は、梅雨入りと冬の数ヶ月だけなので、激しいものも興味があります。
でもやはり、最初は教えて頂くのが一番ですよね。
今は不規則ですが、ずーっとって事は絶対ないので、時間が出来たら是非やってみたいと改めて思いました。

教えて頂いた動き、分かりました。
読みながら確認で一度やってみましたが、これだけでもリラックスしますね。すごく気持ちいい!
私はベッドに入っても一時間は眠れないという面倒なヤツなので、今日からやります。
楽な座位とありましたが、胡座でも大丈夫ですか?

長くなったと気にしていらっしゃいますが、ウチのブログは好きに使ってやってください^^
私自身、ヨガを実際にやっているマメやっこさんにお話を聞く事が出来て、勉強になったし、楽しく読めました。
ありがとうございます。

マメやっこさんのコメントを読んで、ヨガに興味を持つ方がいるかも知れないし、興味があった方が始めるかも知れないし! 時々は鳥さん以外の話題もいいものですね。

最後になりますが、図解と言うのは、マメやっこさん自身で描かれるんですよね? それってすごく気になります(笑)

Kuro 09-05-01 (Fri)

picoさん、いらっしゃいませ。
今日の記事は、いつにも増して読みにくい文章ですみません。
そして会議会場へようこそ。(笑)

クタクタに疲れている時に深く呼吸すると、手がジワジワと痺れているような感じになって、それから温かくなってきたりしませんか?
あの感覚がすごく好きで、疲れがある時はよく腹式呼吸しています。
普段は何気なく吸って吐いていますが、人間の基本ですもんね。

ええっ! 「若いとき」って言いますが、picoさんってまだお若いですよね?
私の中でそういうイメージがあるんです。
腰はどんな動きでも力が入る場所だから、痛むと辛いですよね。
今は暖かくなってきたし、少しは楽ですか? 気を付けてくださいね。

picoさんはホットヨガですか。
一度テレビで見たのですが、やっていた人は汗だくで、体の中のものが全部出たー! って感じに見えました。
あんなに汗が出ると、疲れますよね。

おおっ! 今の時代、女性もバリバリ仕事をするようになったからなのでしょうか?
そういうシステムと時間を組んでくれると、すごくありがたいですね。
大阪に来てからは教室とか調べていなかったから、また調査してみようかな。
教えてくださり、ありがとうございます。

今は教室行ってないんですね。もしかして、お家でヨガですか?

Home > 遊's Bar > 鳥さん話ナシの、運動生活。

Search

Return to page top

Return to page top